1. >
  2. ランドセルの色へのこだわり。

ランドセルの色へのこだわり。

私が、子供の頃は女の子は赤。男の子は黒。が普通でした。

最近では、たくさんの色があってびっくりしますが、その中でも男の子はかっこいい黒や青、女の子は赤やピンクを選ぶのが普通だろうと勝手に思ってましてが、親戚の男の子で5歳の子がいます。

何色がほしいって聞いたら、迷わずにピンクって言いました。

びっくりしましたが、旦那側の親戚だから何とも言えませんでしたが、私の子供には黒を買います。

例え、違う色がいいって言ったところで高学年になれば、黒で良かったと思うはずなので。偏見かもしれませんが、昔の考えかもしれませんが、今でも男の子は黒、女の子は赤。の考えは変わりません。

昔と今~親となった私~

私を含め、兄弟全員が母方の祖母に買ってもらいました。

今ではカラフルな物がありますが、私の頃は女の子は赤で男の子は黒でした。

なので、現代の子供たちが少し羨ましく思う反面、違和感を感じる所もあります。

私にも子供がいるのですが、子供が小学生になる時、本人が何色を選ぶのか今から楽しみでもあります。

また、私は出来なかったのですが小学生から中学生になってランドセルが不要になったら思い出としてミニチュアのランドセルを作って子供に送りたいです。

色もデザインも個性的、インテリアの一部のようなランドセル

友人とショッピングに出かけた時、まるで関係のないインテリアショップにランドセルが並んでいるのを見つけて驚きました。それも、私達が小学校のころに使っていた赤と黒のランドセルとは違い、何色も展開したカラフルなラインナップでした。デザインも個性的で、昔憧れた外国の少年少女が持つような横型のデザインや、ハートの型抜きがされたもの等、これがランドセル?と思わず手にとってまじまじと見てしまいました。インテリアショップに置かれていても、さほど違和感がなかったのは、豊富なデザインによるものでした。全員一緒の色やデザインを使うしかなかった私達にとって、最近のバラエティ豊かなランドセルは、少しうらやましいものでした。